月の満ち欠けはヨガの効果に関係がある!?

Pocket

スポンサードリンク

ヨガを始めてかれこれ10年過ぎたずぼらなインテリアデザイナーです飽きっぽい私が、ヨガだけは細く長く続けています。ボディメイクのためではなく、硬い身体をほぐすため、リラックスするためで、ストイックではないから長く続けられているのかもしれませんね。

以前は週3回通って目に見えて効果があったものですが、加齢とともに代謝も落ち、通う回数が週2に減ったのもありますが、なんだか効果が目に見えない感じではあります。恐ろし加齢!もっぱらリラックス、美肌(ホットで汗を搾り出すとお肌モチモチ、ピカピカ)効果だけを期待して通い続けております。

さて最近、「月ヨガ」と呼ばれるものが流行しているようですが、月ヨガは名前の通り、月の満ち欠けのサイクルに合わせてヨガを行うものです。

「月とヨガの関係」と言われるとスピリチュアル臭プンプンな感じで少し怪しげに感じられるかも知れませんが、きちんと裏付けされたものなのですよ。

スポンサードリンク

月の満ち欠けと人間のカラダ

地球の約70%を包む海に干潮と満潮がある理由をご存じですか?それは月の引力です。引力が強いと海面は引っ張られ、満潮になります。反対に引力が弱いと干潮になるのです。

それと同様に月の満ち欠けは人間の体調にも関わってきます。人間の身体も地球と同じように約70%が水分でできています。そして月が29.5日の周期で満ち欠けを繰り返すように、女性の身体もほぼ同じ28日の周期で月経があります。

よく聞く話ですが、満潮のときに出産が多いとか、満潮時に手術をすると出血が多くなり、干潮時に手術すると出血が少なくてすむとか。こういうことですかね~。

人間のカラダと満月

満月の頃には地球と同じように人間の体液や血液などの水分も引力の影響を受け、これが体調に左右します。引力に体内の水分を引っ張られて、平常時と比べて体内環境が活性化され、感情にも乱れが出たり、体内の水分量に伴いホルモンバランスを崩したりと体調を崩す原因になることがあります。女性の月経も満月の時期にある方が多いそうです。

今までヨガを習ってきてよく聞いていたのが、満月の日は月の影響をうけて怪我をしやすいからヨガはお休みするってこと。満月の日は事故や犯罪も多いっていいますしね。
満月の日には積極的にヨガをしていなかったのですが、「月ヨガ」は体内のバランスが崩れがちな満月の日を穏やかに過ごすためにも効果的とされています。

人間のカラダは新月から満月に向かって、ゆるやかに吸収力が高まっていき、満月から新月に向かって、排出力が徐々に高まっていくのでそれを利用しようということでしょうか。

このバイオリズム、断捨離にも使えそうな気がしますね。私の得意な妄想、いやイメージングでこんなイメージを作ってみました。満月から新月に向かっている時ってヨガで汗をかいている時、悪いもの、老廃物がガサっと出ているイメージがより一層強くなるのですが、そのイメージを部屋の不要な物を捨てることにリンクさせれば・・・定期的に不要な物を処分できる、物を溜め込まない環境づくりができそうですね!どうしても物が溜まってしまう方は、お試しください。

片付け・掃除が苦手なものぐさインテリアデザイナーは、「捨てる」のは得意なんですよね~。片付け・掃除が苦手ですが、捨てるのが得意というのは救いです。時々必要な物まで捨ててしまったりしますが・・・あ、ヨガの話からいつの間にか断捨離の話になってしまいましたね^^;

にほんブログ村 インテリアブログへにほんブログ村 インテリアブログ インテリアライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ インテリアの豆知識へ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA