収納をきれいにスッキリさせる洋服のたたみ方とは?

Pocket

スポンサードリンク

片付け・掃除が苦手なずぼらインテリアデザイナーです。
今回はスキル的なお話をしましょう。

見た目だけではなく、収納をきれいに保つため、収納物を一目で把握できるようにするためにも重要なスキルとは、洋服のたたみ方です。

実はずぼらインテリアデザイナーは、昔ショップ店員をしていたことがあります。特にセールの時は、たたんでたたんでたたんで…立ったままたたむこともできます。ということで、洋服のたたみ方をご紹介します。

ショップ店員さんの洋服のたたみ方

たたみ方はこんな感じです。

ショップ店員さんは、これを立ったまま行うのですが、最初から立ったままでたたむのは少し難しいので、まずはテーブルなどの上でたたむとたたみやすいですよ。手順はそんなに難しくないですね。

きれいにたたむコツは、折り目をピシッと折ること。

やっぱり洋服をきれいにたためない

たたみ方を見ながら挑戦しても、慣れるまではきれいにたためません。それにちょっと面倒くさいなぁ~という方には秘密兵器があります。

なんじゃこれ?という感じですが、洋服簡単折りたたみボードというアイテムです。このボードの上に洋服を置いて、パタパタとボードを倒していくと、洋服がきれいにたためるという代物。

お安い物も売っているようですが、ボードのつなぎ目部分がすぐ壊れるという口コミが多いので、多少高くてもしっかりした物を購入されたほうがよいですね。

きれいにたたんだ洋服を取り出しやすく収納できるアイテム

さて、きれいにたたんだ洋服をタンスや引き出しに仕舞いましょう。ご紹介したたたみ方ですと、引き出しを眺めた時に一目でどんな洋服が入っているか、把握できますね。

そしてこのきれいにたたんだ状態を維持できる、便利なアイテムもございます。

こちらはなんとうれしい折り畳みボード付の商品。たたんだ洋服をそのまま積み上げていけるアイテムです。衣装ケースが入らない浅めの奥行きの収納、棚などに洋服を仕舞うのに便利なアイテムですね。

そしてこちらも面白いアイテムです。

書類などの入ったファイルを仕舞うファイルケースという代物なのですが、たたんだ洋服を写真のように仕舞って、収納だけでなく、旅行にも持っていける、そんな優れものです。

こちらも衣装ケースが入らない浅めの奥行きの収納、棚などに洋服を仕舞うのに便利なアイテムですね。

洋服のたたみ方、いかがでしたか?

そんなに難しくなかったでしょう?ずぼらでもできる洋服のたたみ方、是非実践してみてくださいね!

にほんブログ村 インテリアブログへにほんブログ村 インテリアブログ インテリアライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ インテリアの豆知識へ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA