風水いろいろ!世界の風水ーヨーロッパ編

Pocket

スポンサードリンク

片付け・掃除が苦手なずぼらインテリアデザイナーです。

風水を暮らしに取り入れてますか?玄関風水で、玄関に八角形の鏡を飾ってますか?龍の置物おいてますか?西に黄色、置いてますか?風水の開運置物やラッキーカラー、全部実行したら、インテリアが大変なことになりますから、ほどほどに~。

さて、アジア的なものだと思っていた風水ですが、実はアメリカやヨーロッパでもあるんですよ。一体どんな風水なのでしょうか?今回はヨーロッパの風水についてご紹介しましょう。

ヨーロッパの風水

では、ヨーロッパに広がった風水についてご紹介していきましょう。
ヨーロッパで広がった風水に「バグア風水」というものがあります。これは一説によると、ヨーロッパに移住した中国人が風水をヨーロッパ風にアレンジしたものだと言われています。住まいを9つのエリアに分け、金運、恋愛運などの項目をバグアマップに沿ってあてはめるだけというシンプルな手法で、日本でもヨーロッパ風水として注目されているものです。ルームデトックスで不要なものを処分し、自分が今住んでいる空間を暮らしよく、見た目も素敵に変えていくという考えは、断捨離に通じるものがあります。

スポンサードリンク

 

それではヨーロッパ風水に使われる「バグアマップ」の使い方をチラッとご紹介しましょう。このバグアマップ、方位などは関係ないので、一般の人でも使うことができるのです!

私はコレを読んでみました。カラフルで読みやすいし、入門としてはハードルが低くて取り入れやすい感じがします。ただ色々な風水本を読み漁った私には、少し軽すぎる感じではありますが・・・でも、巻末のおまじないはちょっと面白かったかも。

○さて、まずはあなたの部屋もしくは家のドアと、バグアマップの「DOOR」の位置を合わせます。それからバグアマップを参考に部屋及び家全体を9つのエリアに割り振るところからが始まりです。

○バグアマップの9つのエリアにはそれぞれ決まった色が定められています。それが各エリアのラッキーカラーとなります。

ドアは全てのエネルギーと幸運の入り口だとも言われています。そのため、方角を基準にするのではなく、あくまでもドアが基準となります。上手くいかない時は、是非バグアマップで良くないエリアを突き止め、現状をどうにか改善してはいかがでしょう。そして散らかっている場所は、それだけエネルギーの流れが悪くなり悪循環が始まってしまいます。散らかっていると「気」があちこちにぶつかって、転がり落ちてしまうと考えるようです。

ドアから入ってきた「気」をどのようにしてゆっくりと家中を循環させるか、それが大事だと考えられています。バグア風水では、問題のある部分には「鏡」や「クリスタル」というシンボルを使って問題を解決するといった方法を用いています。

バグアではなかったのですが、私の家の窓にはサンキャッチャーを吊るしています。以前風水の本を読んでいて、たしか北東の窓について書かれていたのですが、部屋内に光を取り入れるという意味でサンキャッチャーをつけるとよいというのを目にしました。早速サンキャッチャーを購入して吊るしていたのですが、このバグアの本にも同じような事が書かれていました。フムフムと読んでいたら、「涙型はダメ」と書かれているんですよ。うちの、「涙型」でした・・・。早速買いなおしました。

このタイプだと、さりげなくラッキーカラーが取り入れられてGOOD!すぐに付け替えました♪木製の暖かみのあるこの商品とも迷ったのですが、これは次に購入しようと思っています。

こんな感じで、一見開運グッツのように見えないクリスタルを使って、「気」を整えることができるバグア風水。インテリアのテイストを壊さずに取り入れられる、さすがヨーロッパの風水といった感じですね。

にほんブログ村 インテリアブログへにほんブログ村 インテリアブログ インテリアライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ インテリアの豆知識へ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA